いつも大体同じ髪型なので(セミ

いつも大体同じ髪型なので(セミロング)飽きてきたな~と思っても、ショートにするにも、もし似合ってなかったらと後悔するのがイヤで、またロングにしたいな~と思っても傷みやすい髪質なので諦めていましたが、女性向けのファッションカタログでロングの巻き髪のオシャレなウイッグを見つけ、しかも5千円ほどの値段だったので購入してみた事があります。鏡の前でドキドキしながら装着してみた時の感動は忘れられません。「なんか…若返ってる!」髪型が変わっただけなのに3才いや5才くらいは若くなった気分!クローゼットに眠ってたワンピースやスーツをあれこれ試着してとっても楽しかった覚えがあります。”髪はオンナの命”とは言いますが、ホントにそうだな~と思います。今も時々、ウイッグで気分を変えています。今度はショートタイプの物も試してみようかな?と思っています。

私の友人は、妊娠してからヘアカ

私の友人は、妊娠してからヘアカラーを一切やめました。でも、本人は金髪や明るめの茶色の髪の毛が好きで、女友達他と出かける時は、ウィッグで楽しんでいます。また、ガンになってしまい、抗がん剤治療をうけて、髪の毛がなくなってしまった母の知り合いは、美に対して強いこだわりがあり、ウィッグを利用しています。なので、私はウィッグって女性の希望を叶えるものなんだなぁって思っています。もう少しリーズナブルな値段になれば、私も、いつか髪の毛がなくなったとしても、不安にならずウィッグを利用すると思います!

私は、髪の毛が薄くなっても、ウ

私は、髪の毛が薄くなっても、ウィッグはつけたくありません。付けるのはめんどくさそうだし、夏は暑くて臭くなりそうだし、見た目ばかり気になってしまいそうだからです。私は、子供の頃から、ハゲになりたいと思っていました。理由は、とにかく髪の毛が邪魔に思えたからです。私はもともとくせ毛で、短く切るとクリクリになって、イライラしてしまうし、長くなると邪魔なのでくくるのですが、くくり方を気にしすぎてイライラしてしまいます。だから私は、ウィッグは付ける気は全くありません。

高齢者の薄毛やハリの対策、また

高齢者の薄毛やハリの対策、また病気で髪の毛を失った人の使用のみならず、今では世代関係なく、若い人も気軽にオシャレでウィッグを楽しめるようになったと思います。私も、以前アパレルショップの販売員をしていた頃は、オシャレ目的で使用してみたいと思ったこともあるのですが、とにかく面倒が嫌いの不精な私。なかなか髪の毛のオシャレまで上手に手が回らず、結局使用したことはありません。専業主婦は今、使う機会がないので、当時利用して、もっともっと若さとオシャレを楽しんでおけば良かったな~。と思います。